ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2012/02/29 (Wed) 梅一分咲き
2012/02/12 (Sun) ほったらかし
2011/12/04 (Sun) いろいろ
2011/10/21 (Fri) チョウゲンボウ
2011/10/19 (Wed) ノビタキ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日でデジスコ撮影の丁度5年目になります。
デジカメが普及し、デジ眼が高価で手を出せない時代、手軽にクローズアップ撮影できる手段がデジカメとスコープを接続して撮影する「デジスコ」でした。

現在は「デジスコ」での撮影手法が確立し、デジ眼も安価になり、野鳥撮影が誰でも手軽に出来るようになりましたね。
近年はデジスコ人口も増えてますが、それ以上にデジ眼人口が増えているのではないでしょうか。

私自身もデジスコと一緒に70-300mmのデジ眼をぶら下げています。
しかし、今日はデジスコで撮影することにこだわりました。

寒いですね~。時々小雪も舞ってますし、北風が強く小鳥たちもなかなか出てこないですね。
そんな時は水辺の鳥たちが主役でしょう。

イカルチドリかな?

ikaruchidori0802171039.jpg

2羽います。
デジスコでは撮影しにくい相手ですね~。

イソシギが食事中です。

isosigi0802171048.jpg




いつのまにか2~3羽のオジロトウネンが近づいてきて一緒にランチ!

ojinen0802171050.jpg




今日はデジ眼では無理な距離にいる鳥たちが対象でデジスコが主役でした。
スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




私はデジスコの世界、巣子^ぷの世界を知らない人間の一人です。
でがるに鳥の生態を観察できて、写真にも取れるスコープの魅力には、一眼でもかなわないものがあります。
一眼一筋と言った方がよい私には、どうしてもスコープ撮影に踏み切れないところがあります。
それは飛翔写真で、もちろんスコープでも撮られる方がいらっしゃいますが、私には一眼はハズせられないって所ですね!
【2008/02/18 21:26】 URL | バーダーカワセミ #a2H6GHBU[ 編集]
トビモノを中心に撮られているバーダーカワセミさんにとっては一眼は外せませんよね。
上空のタカ類も一眼を持っていると、サッと撮れますしね。
スコープが威力を発揮するのはやはり遠くにいる干潟のシギチなどでしょうか。
採餌の様子を手取り足取り観察できるのはスコープならではだと思います。
【2008/02/19 08:38】 URL | Psuke #4WH458go[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Psukeの探鳥日記, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。