ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2012/02/29 (Wed) 梅一分咲き
2012/02/12 (Sun) ほったらかし
2011/12/04 (Sun) いろいろ
2011/10/21 (Fri) チョウゲンボウ
2011/10/19 (Wed) ノビタキ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日予定していた干潟行き。
今日こそはと空を見ればあいにくの小雨模様。
しかし、予報では傘マークがありませんので行ってみましょう。

干拓地に入る頃には上がってきました。
現着すると顔見知りの人たちが多く来られています。
潮が柵近くまで来ています。
急いで降りて行くと、ヘラシギはその辺にいるよとのこと。

目に付いたキリアイやオバシギを撮影しながら、ヘラシギは・・・?

kiriai070930005.jpg

obasigi070930007.jpg

探すうちに波が寄せてきたのか、バッと群れが飛び立ちます。
直ぐに波が柵まで押し寄せ、陸地が消失してしまいました。

mure0709301023.jpg

しようがないので、堤防まで上がり柵内に入ってきたシギチたちを見て行きます。
やっと、ヘラシギを探し出しましたが、遠いので証拠写真です。
2年前の写真とあまり変わりませんねぇ。嘴を背中に突っ込んで寝ている限りはトウネンと同じなので、起きていてくれないと識別できません。

herasigi070930020.jpg

attoさんが冬羽のキリアイがいるとのこと。
なるほど、そういえばキリアイは夏羽ばかり見る機会が多いですね。

kiriai070930046.jpg

ダイゼンは相変わらずものすごい数います。
バックのシチメンソウが色づいてきています。

daizen070930055.jpg

オオソリハシシギの赤い体色が目立っています。
冬羽でも色鮮やかなのがこの手のシギの特徴ですね。

osorihasi070930052.jpg

最後に、これも冬羽かなと思われるキリアイ。
中央付近にいる2羽の右のヤツです。

kiriai0070930065.jpg

スポンサーサイト

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真




お会いできて嬉しかったです~。
それにしても渡りの谷間のつもりだったので吃驚でした。
キリアイは何羽飛来しているのでしょうか?凄い数でした。
今回は冬羽に換羽中の観察を目的にしていたので、大満足の遠征になりました。
 
ps、娘の写真!ありがとうございました。大切にさせて頂きます。
【2007/10/01 19:39】 URL | atto #Shau6Vnw[ 編集]
来るたびにシギチは増えていますね。
多すぎるとターゲットが絞りにくいと思いますが、しっかり観察されていましたね。見習わなければ。
お嬢様も大喜びでしたね。
【2007/10/01 21:52】 URL | Psuke #4WH458go[ 編集]
これだけのシギチが楽しめるのでしたら、一日飽きることはないでしょうね!
ゆっくりと時間をかけて色んな鳥が見れるのですから、待ち時間の長い私からしますと天国のような場所ですよ。

attoさんにも今晩は、相変わらず忙しくされて頭の下がります。
【2007/10/02 21:44】 URL | バーダーカワセミ #a2H6GHBU[ 編集]
干潟の鳥たちは潮の動きに左右されるので、撮影チャンスは限られているんです。
やはり、ここは群れで飛び立つところを見るのが醍醐味でしょうね。
【2007/10/02 23:06】 URL | Psuke #4WH458go[ 編集]
バーダーカワセミ様、ここは天国です~~~!ネ、Psukeさん。
ホント数時間の勝負ですが、別世界を楽しめます~~~。

ps、私は個人的に赤いシギ・チより冬羽個体が大好きで~~~。
只それでけですが、来年からは春も楽しみたいと!
Psukeさん!宜しくです~~~。
【2007/10/05 00:03】 URL | atto #Shau6Vnw[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Psukeの探鳥日記, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。